自動車用シートカバーのお手入れ方法

シープスキンは、水滴をはじき非常に汚れ難い素材です。

 日ごろのお手入れ
布団のように棒などで軽くたたいてほこりを落として下さい。 その後、ペット用金属ブラシあるいは、櫛でブラッシングし毛並みを揃えて下さい。小さな汚れは強く絞ったふきんや、中性洗剤を含ませたスポンジなどで拭けば簡単にとれます。
皮が濡れた場合は、陰干しにしてください。 日ごろの小まめなお手入れが、シートカバーを長持ちさせる秘訣です。
右の写真は、当店で使用中の物ですが、オーストラリアの強烈な紫外線にさらされても、ご覧のように全く傷みはありません。使い込むことによってシート形状にピッタリとフィットしています。
 手軽に洗える

手洗いで普通のウール製品と同じように洗えます。ただし、次のものを含む洗剤は、一切使用できません。(酵素、アルカリ、リン酸、オキサイド、漂白剤)。

ドライクリーニング
もOKです。 洗濯機は、使用できません。

 
 手洗い

ウール用洗剤を使用し、水またはぬるま湯で5分ほど浸け置き洗いし、特に汚れている部位は軽くつまみ洗いをします。すすぎは水で2−3回すすぎます。羊皮を伸ばさないようにご注意ください。

 
 ドライクリーニング

ドライクリーニング店でお尋ねください。

 
 乾燥
手で軽く絞り、脱水機を使用する場合は軽く脱水します。皮のしわを丁寧に伸ばし、直射日光を避け日陰干ししてください。
乾燥機のご利用は、「冷風」「温風」モードのみ使用可能です。「熱風」での乾燥は、加熱により、皮が硬くなったり、ひび割れたりする原因となりますのでお止め下さい。温風ヒーター、ストーブ、アイロンでの乾燥も皮を痛める原因となりますので、使用しないで下さい。乾燥してしまう前に軽くブラッシングすると乾燥後の風合いがよくなります。
 

 

 トップページ

 よくあるご質問

 お支払いと配送方法

 通信販売の法規に基づく表示

 当店利用規約

 問い合わせ

 Eメールマガジン